脇汗がひどくて恥ずかしい!根本から解決する方法は?

 

なんだか私の脇汗、他の人よりヒドイ気がする…

 

脇背の原因って何?どうしたら根本から治すことが出来るの?

 

汗をかかない人はいないものの、気温が高い季節になると
脇汗が気になるという人も少なくありません。

 

しかも服に汗シミが浮き出てしまうと、さすがに恥ずかしいものがありますよね。
しかし、中には汗をかいているはずなのに、脇汗がそれほどひどくない人もいます。

 

この差は一体、何なのでしょうか。
ここでは脇汗の原因や根本的な治療法などを調べていきます。

 

脇汗がひどいのは何故?考えられる原因は?

 

脇汗がひどいのは何故?少しでも抑えるにはどうすればいいの?

 

脇の下は身体の中でも元々、汗が分泌される「汗腺」が多く集中する場所です。
加えて、緊張やストレスといった精神的な刺激や運動や気候による温熱刺激の両方の影響を受けやすい部位です。

 

ですから、一般的に誰でも脇の下には汗をかきます。
しかし、人によっては脇の下がしっとりするほどの汗をかいたり、洋服に汗シミができてしまいます。

 

周りの人はそうでもないのに、自分だけ脇汗に悩んでいると
「もしかしたら病気なのかしら?」と考えてしまうこともあるでしょう。

 

脇汗は多くて気になる場合、いくつかの原因が考えられます。

 

●腋窩多汗症の恐れあり

 

日常生活に支障が出るほど、汗をかく場合「多汗症」という病気が考えられます。
多汗症の症状があらわれやすいのは、手のひらや足の裏、ワキの下、額など、汗腺が密集している部位です。

 

そして腋窩多汗症の「腋窩」は脇の下という意味です。
手や足はそうでもないけれど、脇汗だけは気になるという場合は腋窩多汗症の可能性があります。

 

多汗症に悩む人というのは思春期から中年時代までの社会的活動が盛んな年代に
多いと言われています。

 

多汗症の原因はストレスや生活習慣の乱れ、運動不足などがあげられます。
自律神経のバランスが乱れてしまうと脇汗をかきやすくなると言われています。

 

また、明らかな原因が存在しない場合は「原発性多汗症」か
何かしらの病気や使用している薬が原因となる「続発性多汗症」があります。

 

続発性多汗症の場合は、原因となる病気を先に治療する必要がありますね。

脇汗を少しでも抑えるにはどうすればいいの?

 

困った脇汗を少しでも抑えたいと思ったら、まず自分で出来ることから始めましょう。
出来ることから気を付けていくだけで、ずいぶん変わってきますよ。

 

・制汗剤を利用する
・汗脇パッドを常備する
・汗をかいたら濡れたタオルで拭く

 

まずは、脇汗対策グッズを使った対策です。
制汗剤は汗腺をふさいで汗を出にくい状態にしてくれるので、汗の量を減らすことができます。

 

今はニオイを消してくれる効果もあるので、ニオイが気になる人にも一石二鳥です。
やり過ぎると毛穴を詰まらせてしまうので注意しましょう。

 

汗脇パッドのような脇汗を吸収してくれる汗パッドを使うと、脇汗が拭くに染み出るのを防ぐことが出来ます。
今は白い服にも透けないタイプや大きさも様々なので、症状に合わせて使ってみましょう。

 

汗をかいたらこまめに拭くことも大切です。
その時に乾いたタオルよりも濡れタオルで拭くと、湿った肌が乾くのに気化熱がうばわれるため、清涼感が得られて汗が引きます。

 

●生活習慣を見直すことも重要

 

汗をたくさんかく、根本的な原因を解消させたいのであれば
生活習慣や食生活を見直してみましょう。

 

不規則な生活、不摂生な食生活を送っていませんか?

 

冷房のききすぎた部屋で冷たいものばかり飲んでいると、身体が暑さに慣れられません。
暑さに慣れない状態で気温の高い場所に出ると、ドッと汗をかいてしまいます。

 

また、暑い日はシャワーだけで入浴を済ませがちですが、汗をコントロールするには
お湯を張って湯船に浸かる方が良いのです。

 

お湯につかって じっくりと汗を流すことで、代謝が良くなり
日頃少し動いただけで汗が出るといった症状が少なくなります。

 

代謝を良くするためには有酸素運動も欠かせません。
普段から運動不足の人は、ジョギングやウォーキングなどを始めるのも良いでしょう。

それでも脇汗がひどい場合はどうする?

 

脇汗がひどいのは何故?少しでも抑えるにはどうすればいいの?

 

自分でできることは、どんなこともしてきた!
それでも脇汗が一向に良くならない!と悩んでいる人もいるでしょう。

 

そうなるともはや、自分ではどうにもならない所まできているので
病院を受診してみましょう。

 

あなたが実際にどのような原因で脇汗が出てしまうのかを知ることもできます。
訪ねる病院は「皮膚科」または「美容外科」です。

 

●皮膚科で行われる治療

 

皮膚科ではまず、脇汗の原因が何なのかを調べます。
その上で、適切な治療を施してくれるのです。

 

皮膚科で五度超してくれる治療には「超音波を使用した治療法」や「手術」があります。
超音波を使用した治療法は、脇の下の汗腺や皮脂腺を、超音波で除去します。

 

メスを入れたりしないので、比較的、受けやすい治療法として知られています。
しかし、超音波でも治らない場合は手術になります。

 

汗の出る汗腺を切り取る手術が多いです。
原因が精神的なものである場合は、心療内科や精神科で治療をするケースもあります。

 

●美容外科で行われる治療

 

美容外科の場合もまずは、脇汗の原因を調べます。
その上で、「レーザー治療」や「ボトックス注射」を行うのが主流です。

 

レーザー治療は多汗症の原因となっているアポクリン汗腺や、エクリン汗腺にレーザーを当てることで汗腺を焼きます。
施術時間も20分と短く、傷跡が残る心配もないので安心して受けることができます。

 

ボトックス注射はエクリン汗腺の働きを抑制することで、汗の分泌を抑えます。
ただし注射の効果には個人差があり、約半年から1年ほど効果があるといわれています。

 

この注射が効いている間は、汗が抑えられるため、脇汗によるニオイにも改善することができますよ。

脇汗がひどい時の対策|まとめ

 

いかがでしたか?

 

脇汗の悩みは当事者になってみないと分からないものがありますが
実際には恥ずかしくて外出もできないと悩んでいる人が多いのです。

 

脇汗の対策のポイントは…

 

・生活習慣や食生活を見直して体質改善を心がける
・代謝を促す入浴や運動を取り入れるようにする
・それでもダメな場合は、皮膚科や美容外科に相談する

 

病院にかかる場合は「安いから」で選ぶのはおすすめできません。
まず相談して、親身になってくれるか、疑問や不安を解消してくれるかなど信頼できる医師を選びましょう。